アドレス交換掲示板について

多種多様SNSではメールよりも掲示板の方が効率よく出会えるから掲示板を活用しているという人も多いと思います。
ではアドレス交換掲示板を知っていますか? 言葉通りアドレス交換出来る掲示板です。

通常はSNSの交流はサイト内のメルアドを使ってやり取りをするために個人情報をいきなり相手に伝えなくてもいいという 安心感があります。
相手がどんな人なのか分からず個人情報を知られてしまうと個人情報は今やお金になる時代ですから 売られてしまい大量の迷惑メールが届くようになるという可能性も十分あるので 携帯の直アドのアドレスを登録せずに必ず捨てアドとして用意したフリーメールのアドレスでやり取りするようにしましょう。

最初からアドレス交換掲示板のデメリットから紹介してしまいましたが、もちろんメリットもあります。
メリットは最初からアドレスを手に入れる事が出来るという点にあります。
メールでやり取りをしてお互いが信用出来る相手だと判断して始めてアドレス交換が通常可能になるのですが、すぐに会いたい、出会いに時間を賭けたくないという人にしてみればそんなメールのやり取りは面倒以外の何物でもありません。
そのためそれらのやり取りを一気に省略する事が出来るアドレス交換掲示板はとても都合のいいサイトなのです。

なので利用者は真剣に恋人を探している人ではなく、セフレなどワリキリの関係を求める人がほとんどです。
目的が同じなのでアドレス交換をした後の展開もスムーズになる事が予想されます。
しかしくれぐれも最初にいったデメリットについては忘れないで下さいね。

浮気をしない男性

初めて当たる浮気をするのは男性の甲斐性なんて言われる事もありますが、 女性にしてみれば何度も浮気をされて男性の事を信用出来なくなってしまう そんな女性だって少なくありません。
なのでSNSなどでも女性が男性に求める条件の中に 「浮気をしない男性」と挙げている人も少なくありません。

しかしながら本当に「浮気をしない男性」であると証明する事は難しい事ですよね。
過去に一度も浮気をしていないという事を証明する手立てはありませんし、 仮に今付き合っている彼女がいたとしてもその彼女に浮気がバレていなければ 浮気をしていないのではなく、浮気をしているけれど完璧に隠し通せている男となるからです。
その区別を女性はつける事が出来ません。

これはある男性の体験談です。
男性は浮気をしない男性はいませんか?という女子大生の掲示板への カキコミに対して自分は浮気はしませんよ。
なんなら確かめてみませんか?と 女子大生にメールを送ったそうです。
そして男性の考えはこうです。
付き合わなかったら浮気をする事は不可能だというわけです。
えっ?と思う人もいるかもしれませんが、恋人ではなくセフレになろうというお誘いだったわけです。
これに対して女子大生は笑いながらもOKしてくれましたが、この時の反応は女性によってはひどい騙したの?と 怒られる場合もありますから、全ての女性を納得させる事が出来る証明ではない事は確かです。

ただ女性の方もセフレを作る事でセックスに対する考え方が変わり、お互いに浮気はOKなんて認識になった方が 恋人が浮気しているかもしれないと嫉妬したり、悲しむよりかは建設的だと思いませんか?

自分がされて嫌な事はしない

登録SNSはネットを利用した出会いですが、そこで始める人間関係も日常生活の人間関係と 何も違いはありません。
もちろん違いはあると考える人もいるでしょう。
ネットだからワリキリの関係が出来る、匿名性が守られる、そしてそんな関係を求めているからこそ ちょっと違うなと思えば音信不通になる事もあるでしょう。

SNSで昨日まで楽しくメールをしていたのに、翌日からいきなり音信不通になる。
そうゆう事は珍しい事でもありませんし、音信不通になったら諦めてしつこくメールをしないというのが出会系サイトの 暗黙のルールになっています。
探していた相手が見つかったり、思っていた人と違ったと判断されて音信不通になる事も 仕方のない事なのかもしれませんがやはりネットであっても自分がされて嫌な事は相手にもしないようにしましょう。

例えば気を許した相手だからと悩みや愚痴が相談出来るんだとしても 相手だって仕事で疲れて帰ってきているのに、メールで延々と愚痴を聞かされる。
これって聞いている方は楽しいと思いますか?あなたは愚痴を聞いてもらってスッキリするのかもしれませんが、 相手はプライベートの時間まで愚痴に付き合わされてさらに疲れてしまったと感じるかもしれません。

愚痴や悩み相談ではなくてもメールの話が全て自分の事だけだったら? 相手に自分の事を知ってもらいたいという気持ちは分かりますが会話はキャッチボールです。
自分のボールだけ投げ続けて相手のボールは受け取らないではキャッチボールな成立しません。
ネットだから気遣いを忘れてしまうのも匿名性だったり、気まずくなればいつでも音信不通になる事が出来るという気持ちが きっとどこかにあるはずです。
でも自分がされて嫌な事は日常生活であってもネットであっても関係なくしないべきなのです。

最新情報

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ